手芸の情報サイト しまや dot INFO
 
何かお探しですか?
 
 
 
 

 縦糸、横糸共に野呂英作の「雁皮(がんぴ)手がすり 203番色を使いました。 ソウコウは30羽、縦糸をかける巾は20cm、縦糸の長さは約160cmとして、仕上がりは房を含めて約110cmとなりました。 糸はちょうど1カセ使います。

「クロバー手織り機 咲きおり」を使いました。

 

 横糸に野呂英作の「雁皮スラブ<絣> 色番 203」、縦糸にオリムパスの「エミーグランデ 731,736番色」 を使っています。 使用したソウコウは30羽、縦糸をかける幅は20cm、縦糸の長さは約160cmとして、仕上がりは 房を含めて約110cmとなりました。縦糸60本のうち、両脇20本を736番色、真ん中の20本を731番色としました。

このように縦糸の配色を変えることにより横糸の出方も変わるため表情豊かになります。

「クロバー手織り機 咲きおり」を使いました。

 
 
 
 
 

 縦糸、横糸共に野呂英作の「雁皮テープ<絣> 101番色」を使っています。 使用したソウコウは30羽、縦糸をかける幅は20cm、縦糸の長さは約160cmとして、 仕上がりは房を含めて約110cmとなりました。使用量は前述の糸をちょうど1カセ使います。

先にご紹介した雁皮二作品に比べるとカチッと仕上がります。

「クロバー手織り機 咲きおり」を使いました。

 

 横糸、縦糸にニッケビクターの「ノーブルラメ 705番色」を使っています。 使用したソウコウは30羽、縦糸をかける幅は20cm、縦糸の長さは約160cmとして、 仕上がりは房を含めて約110cmとなりました。使用量は前述の糸をちょうど1玉使います。

写真では判り難いかもしれませんが、ラメがやさしく絡まり、軽やかで夏らしい感じに仕上がっています。

「クロバー手織り機 咲きおり」を使いました。

 
 
     
 

 横糸にニッケビクターの「タロット 551番色」、縦糸にオリムパス「エミーグランデ 色番 738」を 使っています。 使用したソウコウは30羽、縦糸をかける幅は30cm、縦糸の長さは約110cmとして、 仕上がりは房を含めて約60cmとなりました。使用量はタロットをちょうど一玉使います。 エミーグランではだいぶ余ります。

今回使用したタロットという糸は、テープヤーンなのですが、両脇がほつれている感じがするので まるで裂いた布を使っているような仕上がりになります。 独特の色の出方をするため織るのがとても楽しい糸です。 ぜひ一度挑戦していただきたい糸です。

「クロバー手織り機 咲きおり」を使いました。